熟成肉の格之進

  1. 熟成肉の格之進
  2. 格之進からのお知らせ
  3. オンラインストア新着情報
  4. 格之進ビール部

格之進ビール部

格之進にはビール好きで有名な社員が2名。
しかも偶然にも歳が近いうえに同期で同じチームという、ビールの話が捗ることこの上ない間柄。

11/26より、いよいよ始まる、格之進での初のビール販売!

開始に先駆けて、ビール好き2人の元にはサンプルとして商品が届き、モニタリングするように!とのお達しが。
さて、どんなビール談義が華咲くのでしょうか。。。

商品ページはこちら

akino
今回の格之進におけるビール販売の主担当を務める。
格之進の本社がある岩手県一関市で毎年夏に行われる、「地ビールフェスティバル」でビールの可能性に開眼。
それをきっかけにビール専門のライターをライフワークとして行っていたが、今はちょっとお休み中。しかし引き続き、晩酌はビール一択

aya
格之進ビール販売企画を聞きつけて参加に手を上げたオンライン営業部社員。
お酒難民だった若かりし頃に熟成された濃厚なビール「バーレイワイン」に出会い、ビールの可能性に開眼。
クラフトビール専門店に通ううちにソロはしご酒が趣味になってしまう。
今は酸味のあるジューシーなビールが好み。


ayaさん、おつかれー!

おつかれー!

サンプルで送ったビールとフード、味見してくれた?

したした!昨日の夕飯にした!

ビアギークの彩さん的にペアリング含めてどーよ?

※ビアギーク:クラフトビールを含めたビール愛好家の人を指す言葉
※ペアリング:お酒と食べ物の相性のこと ワインで言うマリアージュ

ビアギークってw
もっと詳しい人に怒られそうだけどww

まったり爽やか!
といってもセゾンほど爽やかすぎず、
ゴリゴリなIPAよりは甘みがある。
ウィートビールよりは甘すぎず、後味もすっきり。
飽きがこなくて350mlじゃ足りない!
あっという間になくなる。
大手ラガーには絶対にない風味だから、特別感もあって贅沢なおうち時間のお供にも良さそう♪

※セゾン:飲みやすく、よく夏に飲まれるタイプのビール
※IPA:通常よりもホップを効かせ、強めの苦みが特徴的なピール
※ウィートビール:大麦ではなく小麦で作られ、甘みと華やかな香りを感じられるビール

あーわかる!
「IPA]って聞いてイメージするガツンと苦みが来るスタイルじゃなくて、ドリンカブルだよね。

そうそう!
苦味はほぼないと言っても良いくらい飲みやすい!

苦みがほぼ無い!はきっとビールに慣れすぎw

www
それくらい飲みやすいってことで!
だから一杯目としてもスイスイ入るし、主張が強すぎないから食中酒としてもよかったな!

ペアリングはどうだった?
あたしはやっぱりメンチとの揚げ物ペアリングは王道で間違いなかったなー
格之進のメンチは元々軽く食べられる印象だったけど、それをさらに加速してくれた感じ!

確かに王道!愛されるペアリングだよね。
私は黒格ハンバーグの、牛肉の甘みがビールの甘みとリンクしている感じが好印象!
それぞれの甘みが喧嘩してなくて、口の中でスッと混ざって消える後味が気持ちよかった!
だから余計に、ビールが黒格ハンバーグの甘み以外の旨味をよく引き立ててくれて、これぞ相乗効果!
格之進の、黒毛和牛100%の純粋なハンバーグだからこそ、ビールのスパイシーな香りが良いアクセントになってた!

お互いを引き立て合ってて、それぞれが主役になれるペアリングだったよね!

最後に、どんな人に推せるセットになったかな?

そうだなー
クラフトビール初めてさんにこそぜひ飲んでもらいたいかな!
クラフトビールならではの風味と、飲みやすい味わいが推せる♪

飲みやすさ、食事との合わせやすさ
ここは本当に間違いないポイントだったよね!

クラフトビールを飲み慣れない人にも、いい入り口になったら最高★


格之進として初めてのビール販売!
多くの方々の手元にお届けできることが、今からとても楽しみです。
クラフトビール、と構えることなく、お気軽な気持ちでお手に取って頂けたら嬉しいです。

さあ、みなさんのご自宅で!「お肉で乾杯!!」

商品ページはこちら

一つ前の画面へ

このページの先頭へ