熟成肉の格之進

  1. 熟成肉の格之進
  2. 格之進からのお知らせ
  3. イベント・お知らせ
  4. お知らせ
  5. 金メダリスト須崎選手にお祝いの金格ハンバーグ一生分授与!

金メダリスト須崎選手にお祝いの金格ハンバーグ一生分授与!

夏の熱い祭典として幕を閉じた2020東京オリンピック。
多くの選手が活躍し、熱戦を見せてくれました。
日本代表は史上最多の58個のメダルを獲得し、若い世代のメダリストも多数輩出された大会でした。

レスリング女子50?級金メダリスト 須? 優衣選手は、大会中4つの試合のすべてをテクニカルフォール勝ちという、
相手に圧倒的点差を付けた勝利を重ねての金メダル獲得となり、ひときわ強い関心を集めました。

須崎選手が普段練習を行っているのは、早稲田大学のレスリング部。
実は格之進は、かねてより早稲田大学レスリング部にパワーの源にして欲しい!とハンバーグなどの商品提供を行っていました。

その早稲田大学レスリング部から金メダリストが!これは盛大にお祝いしなくては!!!

と、いうことで

2021年9月某日 @格之進R+(東京・六本木)

須崎選手に「金格ハンバーグ一生分授与式」を執り行わせて頂きました!

今回の大会で使用された全てのメダルの製造に再生素材が利用されたことをご存知の方もいらっしゃると思います。
都市鉱山とも呼ばれる使用済みの携帯電話などの小型家電からリサイクル金属を取り出す処理の一翼を担ったのが、格之進の本社と同じ、岩手県一関市の産業廃棄物処理業者「ニッコー・ファインメック」でした。

「ニッコー・ファインメック」社が小型家電リサイクル事業者として国に認定されたことを受け、一関の勝部市長が隣接する青森県・秋田県と共に、リサイクル金属を利用したメダルの制作を国や東京五輪・パラリンピック大会組織委員会に提案したことから始まった取組でした。
結果、今大会で使用した全メダルに必要な量のリサイクル金属が確保され、これはオリンピックを通じて初の試みとして成功を収めました。

同じ岩手県一関市に会社を置く格之進としても、この素晴らしい成果を大変誇りに思います。
そうやって作られた金メダルが、須崎選手の胸にも輝いているかと思うと、感慨深いものがありました。

また、格之進は、アスリートの心と身体を応援する食事を提供できる企業としても活動の幅を広げ、食を通じたスポーツへの支援を引き続き行っていきたいと考えています!

一つ前の画面へ

このページの先頭へ