1. 格之進
  2. 門崎熟成肉
  3. 店舗でイベント体験をする
  4. 【第10回肉肉学会】熟成肉とチーズとワインの美味しい関係

那須高原今牧場のチーズと門崎熟成肉とワインのマリアージュを楽しむ

【第10回肉肉学会】熟成肉とチーズとワインの美味しい関係

カテゴリ

2017年3月8日(水)

格之進はお肉に真剣に向き合い、「お肉の価値を引き上げること」を大切にしております。
そんな格之進の代表千葉が開く肉肉学会も今回で10回目。
格之進の肉肉学会は、全日本・食学会の肉料理部会分科会に認定され、日頃のお肉の研究活動の発表の場にもさせて頂いております。

今回は那須高原今牧場チーズ工房から高橋雄幸氏をお迎えいたしました。

高橋氏は夫妻で「ギャルド・エ・ジュレ」という称号を授与された方。

「ギャルド・エ・ジュレ」とは、フランスの格式あるチーズ協会「ギルド・アンテルナショナル・デ・フロマジェ・エ・コンフレリー・ド・サントュギュゾン協会が授与する権威ある称号なのです。

そして素晴らしい賞を受賞された高橋氏のチーズと門崎熟成肉とワインのマリアージュを学会員の皆様にお楽しみいただきました。

肉肉学会は料理を楽しむだけのただのお食事会ではございません。
「学会」ですから「食材に関する知識」「料理に関する知識」などを様々な角度から追求・探求・体験する場です。 代表の千葉から「消費活動は投資活動であり、食と農の未来を消費者と生産者で共にデザインしていく」という考えを少しでも多くの方に知っていただき、考えていただく、そんな場にしたいとのお話がありました。

美味しい料理は少しの間お待ちいただき、まずは参加者の皆さんで勉強会の始まりです。
本日は、農林水産省元畜産部長であり、肉肉学会の理事長でいらっしゃいます原田英男氏による「国産ナチュラルチーズの現状と課題」についての発表がございました。

生乳からできる乳製品の種類や製造工程の違い、ナチュラルチーズの種類やその特徴などについて詳しく説明していただきました。

最近では国内のチーズ工房の数が増加傾向にあり、さらにその品質や評価も着実に向上しているそうです。
今回ご参加いただいた高橋氏もその一人ですね。

そして高橋氏からも、フランス・ポワトゥーシャラント地方で開催された「カプリヌーヴ2016」という名称の、山羊農家や山羊チーズ、山羊関係者が集まる国際イベントに参加した内容についてご報告がありました。

試食の為に持っていった「茶臼岳」(山羊チーズ)が関係者やメディアに気に入られ取材を受け、地元テレビ局で放映されたそうです。

学会のあとは待ちに待ったお料理を堪能!

いよいよフランス人の舌も唸らせる那須高原今牧場のチーズと門崎熟成肉の共演が始まります!

今回ご用意した門崎熟成肉は、熟成スネ肉、Lボーン、そしてなんと100日熟成の骨付きミスジ!
骨から外さずストレスがかからない状態で熟成したミスジの素晴らしい熟成香を堪能していただきます。

ご参加の方からは、
「味が濃い赤身のお肉にはブルーチーズが良く合う!」
「スネ肉はチーズと一緒に食べると全然違う!」
「ブルーチーズはお肉と合わせると塩加減がちょうどいい感じでバッチリですね!」
「100日熟成の骨付きミスジの香りが素晴らしい!ワインにもよく合う!」

など様々な感想をいただきました。

高橋氏の座右の銘は「熱意は磁石」とのことです。
熱い思いを持って真剣に接すれば、同じく真剣で誠実で熱い人が自ずと集まってくる。私はそう感じました。

格之進の肉肉学会の活動は、多くの方にお肉のことを知ってもらい、お肉に真剣に向き合った結果格之進が熟成肉にたどり着いたように、お肉全体の付加価値を上げ、業界全体を繁栄させていくことに繋げていきたいという想いを込めて実施しています。
今後もこのような活動をさらに広めていきたいと考えています。

レストランへのアクセス

店名 格之進 Neuf (カクノシン ヌッフ)
電話・ご予約 03-6459-2235
営業時間 18:00〜23:00(ラストオーダー 21:00)
定休日 日曜日
所在地 東京都港区六本木7-17-19 FLEG六本木 Second 2F
アクセス 地下鉄 日比谷線 六本木駅2出口から、徒歩で3分。

格之進 Neufについての詳細はこちら


シェア
カテゴリ

Follow us格之進公式アカウントから最新情報をお届けします。

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

この特集のおすすめ肉メニュー

門崎熟成肉 格之進 動画ギャラリー