熟成肉の格之進

スライス肉でも旨みを逃さず閉じ込める

肉おじさんのプール焼き理論

カテゴリ

スライス肉なら簡単に焼ける、と思っているあなた!本当においしく焼けていますか?焼きすぎてしまったら、せっかくのお肉も台無し。そこで「肉おじさん」こと千葉祐士の肉焼き理論「プール焼き」の出番です。

1.まずはお肉を並べて片面をしっかり焼き固める

一枚約20g、1cm弱の厚さにスライスしたお肉を6枚程度使用。まずは網の上に一枚ずつ並べて、焼き始めます。この時、乗せた順番を忘れないように配置するのがポイント。
火力はやや強めで、片面をきっちりと焼き固めて、肉汁の出口を塞ぎます。

2.片面が焼けたお肉を積み重ねてひとつの塊肉のように

しっかり焼き目がついたら、6枚のお肉をすべて積み重ねます。まだ焼いていない側は赤いままで構いません。最初に焼き始めたお肉をその次に焼き始めたお肉に乗せる。といった具合に順番に重ねていくと、最初に網に乗せたお肉が一番上にきます。
これで重なったお肉が、まるでひとつの塊肉のようになりました。

3.重ねたままのお肉を掴みサイドをサッと焼き締める

重ねたままのお肉をトングで掴み、側面を焼きます。あくまでも肉汁の逃げ道を塞ぐためなので、さっと焼き締める程度でOK。ただし、しっかりと掴まないとバラけてしまうため、丁寧に、けれども素早く焼くのがポイントです。
これで6面のうち、上面を除く5面に火を入れたことになります。

4.プールの水面のように肉汁が浮かび上がれば完成!

重ねたお肉を再び広げ、上部に注目。まだ火が通っていない場合は、火の通りの浅いお肉から順に再び重ねてしばし待ちます。火を入れていない上面にプールの表面張力のように肉汁が浮いてくれば「プール焼き」の完成です。
下はカリッと香ばしく、上はジューシー。2つのおいしさが同時に味わえるプール焼きを、召し上がれ。

オンラインストアのおすすめの「焼肉」

国産牛 焼肉 カルビ(250g)
国産牛 焼肉 カルビ(250g)
門崎熟成肉 焼肉 カルビ(250g)
門崎熟成肉 焼肉 カルビ(250g)

門崎熟成肉 焼肉 特選カルビ(250g)+国産牛 焼肉 カルビ(250g)
門崎熟成肉 焼肉 特選カルビ(250g)+ 国産牛 焼肉 カルビ(250g)
門崎熟成肉 焼肉 おもてなしセット
門崎熟成肉 焼肉 おもてなしセット

「焼肉」の商品一覧はこちら

あわせて知っておきたい

塊焼きの肉汁をキープ!「塊肉の水風船理論」

格之進、肉おじさんの独自のテクニック「塊肉の水風船理論」で熟成肉の旨みを引きだします。

「水風船理論」についてはこちら


シェア
カテゴリ

Follow us格之進公式アカウントから最新情報をお届けします。

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

この特集のおすすめ肉メニュー この特集のおすすめ肉メニュー

門崎熟成肉 格之進 動画ギャラリー 門崎熟成肉 格之進 動画ギャラリー

このページの先頭へ