1. 格之進
  2. 格之進からのお知らせ
  3. メディア掲載履歴
  4. 雑誌・新聞

雑誌・新聞

幻冬舎「GOETHE 6月号」にKABCOを取り上げて頂きました。

幻冬舎「GOETHE 6月号」にて、KABCOを取り上げて頂きました。

テーマは「今、肉好きが注目するのが趣向を凝らした肉料理を繊細なコースで堪能できるお店」。今回取り上げて頂いたKABCOは、シェフが工夫をこらして作り上げた「海」と「山」の幸が織りなす素敵なマリアージュが愉しめるお店です。

まるで真っ白いキャンパスの上に繊細なタッチで描かれた絵画のような美しい盛り付け。そして、牡蠣や海藻といった 「海の恵み」と、熟成肉や地元野菜といった「山の恵」を組み合わせたお料理の数々は、今までに体験したことのない新しい味覚の世界へとお客様を導いてくれます。

落ち着いた空間の中でお食事を愉しめる店内は、接待やデートにもおすすめです。
みなさまのお越しをお待ちしております。

■ 幻冬舎「GOETHE 6月号」
The Killer Restaurant Vol.3 「異色の肉コース」

スターツ出版「Metro min. No.168(2016年11月)」に格之進Neufを取り上げて頂きました。

スターツ出版「Metro min. No.168(2016年11月)」に、格之進Neufを取り上げて頂きました。

2016年8月に六本木7丁目にオープンした「格之進Neuf」は、「岩手のおいしさを余すところなく味わい尽くす。」をテーマに、岩手県一関市産のいわて南牛を中心に熟成をかけ、お肉の旨味を引き出した、格之進自慢の門崎熟成肉。そして、岩手県花巻市産のブランド豚「白金豚」を使用したバリエーション豊かなシャルキュトリ(食肉加工品)のコース料理が楽しめる「格之進」と「Neuf do pape」がタッグを組みオープンしたお店です。

中でもこだわりは、昔ながらの「手回し式スライサー」を使用し、お肉にストレスをかけること無くカットされた「生ハム」。薄切りのふんわりとした食感と、お肉の旨みと風味が詰まった絶妙な塩加減はワインとの相性抜群です。ぜひ、ワイン片手にバリエーション豊かなシャルキュトリをお愉しみください。みなさまのお越しをお待ちしております。

■ スターツ出版株式会社「Metro min. No.168(2016年11月)」
[特集] ワインとシャルキュトリ

デートスペシャルなび2016年春号掲載

「デートスペシャルなび2016年春号TOKYO版」(2016年3月2日発売)
に 格之進Rtが掲載されております。

「デートスペシャルなび」のコンセプトは
“女子をくすぐるオトナ男子製造マガジン”
デート情報とカルチャー情報を融合させた、知的好奇心をくすぐられる雑誌です。

デートのアレンジを得意とするPlanBコンシェルジュのハツ様が
「付き合って1年の彼女の誕生日をお祝いしたい」という相談者の要望を叶えるお店として
格之進Rtをお勧めしてくださいました。

洗練された大人の街、富ヶ谷にて
カウンターでワインを片手に、記念日デートはいかがでしょうか?

ぜひご覧くださいませ。