熟成肉の格之進

  • カート
  • ストア
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは

2023迎春 肉屋の本格フレンチ熟成肉生おせち

門崎熟成肉尽くし「生」おせち門崎熟成肉尽くし「生」おせち

2023年のスタートは、肉屋仕込みの熟成肉の「肉おせち」のお取り寄せで。
毎年人気の洋風手作りおせちは、ステーキ入りでお肉尽くし!

商品を買う

7つの特典

  • 送料無料

    全国へ送料無料でお届けします。※一部離島を除く

  • 温めやすい真空パック

    一部メニューは真空パックで。寒い季節に嬉しい、温かいお料理をおせちで楽しめます。

  • 熨斗付き

    ご自宅用はもちろん、お歳暮としてもご利用頂けます。

  • リーフレット付き

    紹介リーフレット付きでお届けします!

  • メルマガ会員はもっとお得に

    メルマガ会員なら1,000円のお値引き!
    ※毎週金曜日のメルマガでクーポン配布

  • お客様窓口設置

    ご安心ください。些細なことでもお客様センターにお問い合わせ頂けます。

  • 12/18(日)までキャンセル無料

    少し先のことだからこそ。12月18日(日)まで無料でキャンセルOK!とりあえず予約しておくのがお勧めです!

格之進の生おせちが選ばれる理由

1. 格之進の熟成肉使用
熟成により適度に水分が抜け、旨味が凝縮した格之進渾身の熟成肉を贅沢に使用しています。
いつものお肉とは味も香りも異なる熟成肉が、お正月の晴れの気分を盛り上げます。

2. 生だからおいしい
冷凍おせちは、便利な反面、解凍時に旨味やジューシーさが流れ出てしまうのが欠点。お肉メインのおせちなら、素材の味がそのまま残ってより美味しい!「生」おせちがおすすめです。

3. 盛り付け済みですぐ食べられる
せっかくのお正月休み。家族との時間を一秒でも長く取って欲しいから。
ふたを開けたら「いただきます!」
届いてすぐに食べられるようにご用意致しました。

商品を買う

様々なシーンで

ご夫婦でたっぷり贅沢に。他にはなにもご用意不要なボリューム感。ご夫婦で過ごす、ゆったりとしたお正月の時間を華やかに彩ります。

2つ買えばかなりのボリュームに!お子様が嬉しいハンバーグやステーキから、大人が喜ぶお酒のおつまみとしても。家族で集ってわいわいつまめる、バリエーションの豊富さが嬉しい!

六本木 格之進肉学校 遠藤シェフがすべて手作りの生おせちです

横浜の老舗洋食店を皮切りに、様々なジャンルの飲食店で修行を積んだ格之進総料理長の手作り。格之進肉学校『いわてと世界を、食で繋ぐ』をコンセプトに季節の岩手食財・塊焼き・シャルキュトリーなどを提供しています。シャルキュトリーとは、フランスの食文化が生んだ肉のお惣菜(charcuterie・食肉加工品全般の総称)ハム、ソーセージ、パテ、テリーヌなど、その多くは豚肉を原料とし、鴨やジビエなどを使うこともあります。これらを販売する店もシャルキュトリーと言い、食肉加工技術を持つ職人をシャルキュティエcharcutierと呼びます。

商品を買う

一の重

一の重

一押し3選

門崎熟成肉のコーンドビーフ
熟成肉を香辛料と一緒に塩水につけたあと、ゆっくりと火を入れて、丁寧に手でほぐし仕上げました。

パテドカンパーニュ
花巻市の白金豚のウデ肉、軽米町の純和鶏のレバー。岩手食財で作った東京の店舗で一番人気のパテ。お酒に良く合います。

純和鶏の砂肝コンフィ
純和鶏の砂肝を、低温のラードでじっくり柔らかく火を入れました。

お品書きを見る

白金豚ソーセージ
花巻市で育てられた白金豚をスパイスを効かせたソーセージにしました。

白金豚ベーコン
白金豚のバラ肉を塩漬けにしてから薫製にしました。そのままでも、少し温めても美味しく召し上がれます。

白金豚リエット
塩麴に漬けた白金豚を、玉葱と白ワインで煮込み、ペースト状にほぐしました。

純和鶏テリーヌ
軽米町で育てられた純和鶏の胸肉を使用し、しっとり柔らかく仕上げています。

門崎熟成肉のしぐれ煮
熟成肉をお醤油ベースで甘辛く煮つけてあります。

白金豚の南蛮漬け
白金豚を唐揚げにして、玉ねぎと一緒に甘酢に漬けました。さっぱりとお召し上がりいただけます。

二の重

二の重

一押し3選

金格ハンバーグ
溢れ出る肉汁は一度味わったら忘れられない味で、ソースなしでも食べられるリピーター続出の一品です。

門崎熟成肉のサーロインの
サイコロステーキ

熟成肉サーロインをサイコロステーキにしました。熟成されたお肉の旨味をご堪能下さい。

門崎熟成肉のビーフシチュー
煮込み料理の定番ともいえるビーフシチュー。赤ワインを効かせたデミグラスソースで柔らかく煮込みました。

お品書きを見る

門崎熟成肉のトマト煮込み
熟成肉ネック肉の旨味とトマトの酸味が好相性。煮込んだお肉の美味しさが詰まっています。

門崎熟成肉赤身肉ステーキ
熟成肉といえば格之進!赤身肉の美味しさをお楽しみください。

じゃがいもロースト
お肉の付け合わせといえばこれ!

ご注文はこちらから

2023迎春 肉屋の本格フレンチ熟成肉生おせち 二段重(2-3人前)

2023迎春 肉屋の本格フレンチ熟成肉生おせち 二段重(2-3人前) 予約
送料無料

通常価格:32,400円(税込)

受付終了日:12月20日

ご予約、配送について

ご予約について

  • オンラインストアでの予約販売のみです。
  • 予約商品は、通常商品と同時に購入することはできません。
  • 代金引換、AmazonPayでのお支払いはできません。

本商品のお支払い処理について

  • クレジットカード、またはd払いでのお支払い処理は商品の発送時に行います。
  • 銀行振込はご入金手続き後に商品を発送いたします。(お振込の詳細は予約期間終了後に送付いたします「注文確定メール」にてご確認ください。)

配送について

2022年12月31日にお届けいたします。
※上記以外のお届け日はご指定いただけません。
※島部など、一部お届けできない地域がございます。
※お届け時間はご指定いただけません。

<配送不可地域>
■北海道:全域
■東京都:伊豆諸島、小笠原諸島
■島根県:隠岐郡
■九州:全域
■沖縄県:全域

その他

  • 保管方法:冷蔵庫で保管してください。
  • 賞味期限は2022年1月1日となっております。商品の受け取り後、翌日までにお召し上がりください。
  • 商品の性質上、商品に不具合があった場合、返金対応のみとさせていただきます。
1件中 1-1件表示
1件中 1-1件表示

肉おじさんの一口メモ格之進代表 千葉祐士

おせち料理と言えば餅

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、株式会社門崎格之進の本社がある岩手県一関市では、おせち料理と言えば「餅」なのです。
「一関(いちのせき)はもちのせき」と一関市の市長がおっしゃるほど、この地域には餅文化が根付いています。
和食は世界でも文化として認められていますが、農林水産省が認定する「食と農の景勝地」として、この「餅」部門は一関が認定を受けるほどです。

一関のテロワール

食べ方もたくさんあり、お雑煮、あんこ、しょうが、納豆、くるみ、ごま、じゅうね、ずんだ、きなこ、大根おろしなど、なんと300種類にも及ぶんですよ!
素材も岩手産のこがねもち(もち米)を地元で育て、さらに地元で採れた野菜を使って、餅料理に多彩なアレンジを加えて食べているんですね。
このように地域の風土や文化に根付いている一関の餅料理は、まさに一関特有の「テロワール」と言えます!
※テロワール(Terroir):「土地」を意味するフランス語terreから派生した言葉である。もともとはワイン、コーヒー、茶などの品種における、生育地の地理、地勢、気候による特徴を指すフランス語。

格之進のおもてなし

一関の周辺地域では、餅は季節の行事や冠婚葬祭など色々な時に用いられる「おもてなし」のひとつです。
おもてなしとは「表」がない。ということは「裏」もない。
つまり格之進が考えるおもてなし料理とは「真心を表現した料理」なのです。
岩手県産の素材を使い、格之進のシェフの力を借り、様々な表情を映し出したお肉の多様性を門崎熟成肉尽くし「生」おせちで、どうぞお楽しみください。

「おせち」といっても地域によって入れるものは様々。
代表的な祝い肴三種を取っても、関東が「田作/数の子/黒豆」であるのに対して、関西では田作の代わりにたたきごぼうを入れます。また、関東は甘めな伊達巻や栗きんとんなどが入るのに対して、関西は薄口醤油や出汁を使って薄味の特徴があります。
お魚も、関東では新巻鮭のイメージが強いですが、関西では出世魚のブリを食べることが多いようです。
各地域の近海で取れた魚介類や、郷土料理をおせちに使用することから、全国各地のおせちはかなりバラエティ豊か。青森ではウニやアワビを使った「いちご煮」、長野は「長芋ようかん」、志賀は「赤こんにゃく」、島根は「ワニ(サメ)の刺身」、宮崎は「金柑煮」、、、
ご自分の地域の定番おせちを発表しあったら盛り上がるトピックスになりそう!

おせちの歴史

ひとつひとつの料理に縁起を込めて、家族の幸せ、開運を願うおせち

日本人には、古くから自然の恵みに感謝する習慣があり、稲作の発展とともに神様に感謝する行事が行われるようになったと言われています。暦の上で節目にあたる節日に、邪気を払い、神様に祈願する儀式として、お供えをして宴を行う宮中行事を「節会(せちえ)」といい、平安時代には、1月1日、1月7日、1月16日、5月5日、11月の新嘗祭が特に重要な五節会と言われていました。そして、この節会で供された食べ物のことを「御節供(おせちく)」といい、現代の「おせち料理」の語源となったとのこと。 江戸時代後期に、元々は朝廷内で行われていた宮中行事を庶民が生活の中に取り入れるようになり、一年のうちで最も重要でおめでたいお正月の料理が、定着していったようです。
江戸時代後期になると、現代のように料理一つひとつに縁起をかついだ意味が込められ、新年を祝うために食べるものとなりました。また、大みそかにおせち料理を作り、お正月に家族揃って食べる風習も定着しました。明治の後半には、婦人雑誌で重詰め料理がお正月料理として紹介され、家庭で作ることが浸透していきました。

とはいえ、おせち料理という呼び名が定着したのは、戦後(第二次世界大戦後)のことで、家庭で作られるお正月の料理がデパートでも売られるようになったのがきっかけだそうです。

昭和の頃は、おせち料理は、家庭で作るのが当たり前で、購入する人はまだ僅かでした。また、有名日本料理店などは、ご贔屓の方のためにサービスで配る、または有料で特別に作ることは習慣としてあったようですが、基本的に家で作るもので、その家その家の味があったのです。その後、平成へと時代が移り、ホテルや有名シェフが作るおせちが登場し、90年代後半には、老舗料亭や和食だけでなく、フレンチや中華、イタリアンなど、創作おせちも登場し、お肉やフォアグラなどが組み込まれ、バラエティ豊かになりました。そして2000年、コンピュータが誤作動を起こして飛行機に不具合が起きるかも!? 停電が発生するかも!?など騒動となり、海外旅行を控えて国内で過ごす人が、豪華なおせちを希望し、10万円を超えるおせちも登場するようになり、この頃から、おせちは、買うものへと変わっていきました。そして、今では、デパートだけでなく、コンビニやネットでもおせちは、購入できるようになり、おせち乱立時代を迎えています。

おせちに入っている基本の料理

無病息災、子孫繁栄、開運など、ひとつひとつの料理にそれぞれ意味があるのがおせち料理の特徴。基本の料理の意味をご紹介。

黒豆
“まめまめしく働けますように”と願いを込めた黒豆。艶やかな漆黒の黒豆に仕上げるのは至難のワザ。プロは、煮詰めては味を含ませ戻し、また煮詰めるを繰り返しますが、これがとても大変。そこで、昭和30年代、料理研究家の土井勝先生が、煮汁の中で豆を戻し、アクを取りながら煮詰めていく方法を提案。これが家庭での煮豆の定番レシピとなりました。

たたきごぼう
やわらかく煮たごぼうを叩いて、調味料を染み込ませるたたきごぼう。ごぼうが、豊作の象徴とも言われる黒い瑞鳥の色や形が似ていることから、豊作を祈願して食べられます。また、ごぼうの形状から、細く長くつつましくという祈りも込められています。

田つくり
カタクチイワシの稚魚を乾煎りして、醤油、みりん、砂糖で煮からめた甘露煮。昔は、いわしを畑の肥料として使っていて、高価でしたが豊作になることが多かったため、五穀豊穣を祈願して食べるようになり、田んぼを作るという意味で、“たつくり”といいます。
また、田つくりは、ごまめとも言いますが、イワシは小さな群れを作って移動する意味の細群(こまむれ)が語源で、それに丈夫で働くという意味の『まめ』と合わさり、接頭語をつけてごまめというようになりました。

数の子
ニシンの卵が数の子。ニシンは漢字で「二親」とあてることができ、たくさんの卵をもつことから、「子宝に恵まれますように」と子孫繁栄を願い食べられます。また、数の子は、その黄金色から縁起物として広まったとも言われています。

伊達巻
卵に白身魚やエビのすり身を加え、甘く味付けをして卵焼きにしたものが伊達巻。その形状が巻物に似ていることから、知性を表し、学業や習い事が成就するという縁起物の料理。卵の黄色は土をイメージし豊穣を意味し、丸い形は、家庭円満を意味するとか。伊達巻の名前の由来は、伊達政宗の好物、豪華でしゃれているから、和装に使われる着物の柄から、など諸説あるようです。

栗きんとん
ペースト状の甘い栗の料理。きんとん(金団)には、団子や座布団の意味があり、黄色い色から、財運、勝負運を連想させる縁起物として食べられています。

ぶり
体が大きく成長していくにつれて、モジャコ」からワカシ(関東)orワカナ(関西)、イナダ(関東)orツバス(関西)、ワラサ(関東)orハマチ(関西)、そして最終的に「ブリ」へと呼び名が変わる魚を「出世魚」と呼び、縁起がいいとお正月に食べられます。

手綱こんにゃく
こんにゃくの真ん中に切れ目を入れてくるっと返すと手綱のような形になるので、手綱こんにゃく。武家社会では、(馬の)手綱を締めるように己れを戒め、戦いに備える心を養うという意味を込めたもの。また、結び目のような形でもあることから、良縁や家庭円満の縁起物としての意味もあります。

昆布巻き
ニシン(鮭などもあり)を昆布で巻いて醤油と砂糖、みりんなどで柔らかく炊いた昆布巻き。
よろこぶの語呂合わせで縁起物としておせちに取り入れられています。昆布を「子生」という漢字をあてて、子孫繁栄を願うという意味も込められています。

海老
おせちに彩りを添える海老。曲がった腰と長い髭が長寿を表し、腰が曲がるまで長生きを願う一品。また、目が飛び出ている様から、「めでたし」という意味もあり、脱皮を繰り返す生き物なので、新たに生まれ変わる=成長と発展も象徴しています。

オンラインストアトップへ戻る

一つ前の画面に戻る

オンラインストアで販売されていないお肉をお届け「格之進コンシェルジュサービス」

お店で食べたあのお肉が食べたい!
格之進はたくさんの種類のお肉を取り扱っております。
オンラインストアに掲載されていないお肉など、
ご要望やご予算をお聞かせください。
コンシェルジュサービスは、オンラインストア会員様のみご利用いただけます。
  • コンシェルジュサービス
  • 新規会員登録

  • 岩手薫る格之進ハンバーグセット(各2個)
  • 岩手薫る格之進ハンバーグセット(各2個)
  • 格之進をお気に入り登録
  • マイページ
  • カート

このページの先頭へ